うつ病は心の風邪~現代病と戦い完治しよう~

笑顔の女性

誰でもなりやすい

うつ病は大人がなるものと思っている方も多いですが、小学生など子どもでもなることを知りましょう。子どもがうつ病になる原因としては、いじめや環境変化が挙げられます。
たかが小学生のいざこざと思っている方がいますが、子どもにとっては大きな精神的ダメージを感じている場合があります。
頭痛を訴えるようになった、体調不良が続いている、眠れない夜が続いているなど、保護者の方が様々な症状を感じた場合は、お子様に声をかけてあげるようにしましょう。
なかなか自分からいじめに合っていると言えない為、こちらから聞いて対処をすることが重要です。そうすることで、うつ病の症状を軽度に抑えることが出来る可能性があります。

親の転勤によって他の地域に引越しをしなければならないことがあります。そういった環境の変化でも小学生がうつ病になってしまうことがあります。
慣れない環境での生活に不安を感じて、それがストレスとなりうつ病を発症してしまうケースが多いです。
しばらくの間は不安なことなどを聞き様子を見ることが大切です。
お子様のうつ病を甘く見てはいけません。自殺をしてしまう子もいる為、休養する時間を与えてあげることが大切です。

子どもの変化には、いち早く親が気づくようにしましょう。子どもの心はとてもデリケートなので、一度傷ついてしまうと立ち直りが難しい場合があります。子どものメンタルケアを専門的に行っているくりにっくもあるので、そういったところを利用することも有効だと言えます。うつ病になる原因はどこで生まれるか分からないので、常にきちんと子どもを見守る姿勢がとても大事でしょう。うつ病の種類によって治療法も異なるので、子どもに合わせた治療を心がけていきましょう。