うつ病は心の風邪~現代病と戦い完治しよう~

笑顔の女性

症状を理解

うつ病を発症する方が多くなってきた為、うつ病の研究が進められてきました。研究の結果あらゆる種類が発見されるようになりました。
「仮面うつ病」「退行期うつ病」「微笑みうつ病」「季節性うつ病」「産後うつ病」など実に様々あり、種類によっては症状が異なってきます。
うつ病は基本精神的に症状が現れることが多いですが、身体に症状が現れる種類もあります。
身体に症状が現れるものを仮面うつ言います。頭痛や嘔気、動悸、肩こり、口内の乾燥、胃の不調など他にも様々挙げられます。
この仮面うつはなかなか自分でうつ病と自覚出来ない問題があります。
退行期うつ病は高齢者がなりやすいです。身体が上手く機能しなくなった時になりやすいと言われており、死が近づいていると感じている方に発症が見られます。
微笑みうつ病は落ち込んでいる時、周囲の人に声をかけられても平気なフリをします。その時笑顔になる為微笑みうつ病と呼ばれています。
季節性うつ病は季節の変わり目に発症します。特に冬は季節性うつ病になりやすいです。過眠や過食といった症状が表れます。
産後うつは出産をした後に症状が表れます。食欲不振や気持ちの落ち込みといった症状があり、環境の変化が原因で発症しやすいです。

このように沢山の種類があり、それぞれ症状も異なる為種類に合った治療をしなければなりません。
症状が軽い場合もある為、自分がうつ病と気付かない方も多いでしょう。
少しでも心当たりのある症状が現れた場合は、心療内科で診察をしてもらうことを検討すると良いです。